デリへルのNG行為はしないように

デリヘルでやってはいけないNGとは

デリヘルのルールをどれくらい把握していますか。
デリヘルを利用する上でやってはいけないNG行為についてまとめました。

デリヘルにおけるNG行為

風俗のりようには必ず守ってほしいことがたくさんあります。
何でもかんでもOKというわけではありません。

特にデリヘルもルールに厳しく、一つでも守れない人はお店の利用が今後できなくなってしまいます。
デリヘルを初めて使う人は、事前にデリヘルのルールを知っておく必要があるのです。

そこで、デリヘルでやってはいけないNG行為についてをここでまとめたいと思います。
デリヘル嬢に嫌われるだけでなく、お店からも利用を禁じられ、悪質な場合は警察を呼ばれてしまうケースもあります。
デリヘルを利用したい人は、NG行為を理解し、マナーよく利用するようにしましょう。

本番行為は禁止

デリヘルは本番行為、いわゆる性行為は禁止しています。
デリヘル嬢と本番行為をするのはもちろん、本番行為をしてもいいかと聞くことさえもNGです。
デリヘルでの本番行為は、例えデリヘル嬢が許可しても強姦罪にあてはまり、店側が訴えればそれだけで警察が動くようになります。

本番行為がしたい人は、デリヘルではなくソープランドを利用するように。

シャワー拒否はダメ

デリヘル嬢のサービスを受ける前に、まずデリヘル嬢とシャワーを浴びる必要があります。
しっかり体を綺麗に、清潔にした状態でないとサービスは受けられないのです。

しかし、既にシャワーに入ったからと、シャワーに入るのを拒否することは出来ません。
事前に入ったと嘘を付いている可能性も捨て切れませんので、デリヘル嬢と一緒に入り、デリヘル嬢が目で確認しないといけないのです。
なので、シャワーは必ず一緒に浴びるようにしましょう。

性病持ちはNG

性病を持っている人は風俗を利用することが出来ません。
風俗嬢が性病に感染してしまう可能性があるからです。
デリヘルを利用する前に、性病に感染していないかどうかのチェックを受けることをおすすめします。

もし性病であることに気づかず、または隠したままデリヘルを利用し、デリヘル嬢が性病に感染してしまうと、請求が来る可能性もあります。
風俗全てを利用するにあたり、自身の体のチェックはかかさずに行いたいものですね。