デリヘルは客と店員の関係性であることを覚えておくこと

デリヘルの客としてしっかり意識すること

デリヘルを利用する人はみんな客です。デリヘル嬢と付き合えたり、連絡先を交換できたりなどは出来ませんので気をつけましょう。

デリヘルの客はデリヘル嬢の恋人ではない

デリヘルでは、デリヘル嬢が利用者の恋人のように振る舞い、サービスを提供してくれます。
さながら本物の彼女ができたような気分にひたれるでしょう。

ですが、それはあくまで恋人のようにであって、恋人ではありません。
デリヘルは客と店員のポジションでサービスのやりとりをします。キスをするから、性的なサービスを受けるからといって、デリヘル嬢が客に恋をしているわけではないことを肝に銘じておきましょう。

最近はデリヘル嬢や風俗嬢に恋をし、ストーカーまがいなことをするケースもあります。
大きな事件に発展することも珍しくなくなりました。
これらはみんな、風俗嬢が店員であると割り切れなかった結果だと言えます。

デリヘルを利用する人は、客と店員であるということをしっかり頭に入れておいて利用するようにしましょう。
デリヘル嬢は割り切ってサービスをしているので、客側も割り切ってサービスを受けたほうが楽です。

デリヘル嬢の連絡先は聞かないこと

デリヘル嬢から連絡先をもらうのは基本的にNGです。
お店側が連絡先を聞き出すのを禁止しているので、デリヘル嬢もそれを守って客側に連絡先を教えることはありません。
それなのにもかかわらず、しつこく連絡先を聞こうとするのはよくありません。
デリヘル嬢がお店に報告するかもしれないので、連絡先は聞かないようにしましょう。

中には、仲良くなったデリヘル嬢からこっそり連絡先をもらうこともあります。
ですが、必ず仲良くなったデリヘル嬢から貰えることはありませんので、低い確率でありえる程度にとどめておきましょう。

サービス中にデートに誘わないこと

デリヘル嬢はあくまで自宅やホテルで性的サービスをするために派遣されているので、それ以外のことはできません。
デリヘル嬢に会える時を狙って、外でデートしようなどと誘わないようにしましょう。

これはデリヘルのルールにも「店外デート禁止」として定められています。
家やホテルの外に出て、性的サービスを受けることもなく食事をしたり遊びに行くことはできません。

どうしてもデートがしたい、と思っている人は、デリヘルではなくデートクラブといったお店を利用するようにしましょう。
デリヘルはきちんとデリヘルとしてのシステムを守るべきです。
マナー違反のないようにしたいですね。